カナダ留学で子供に合った教育を

subpage01

カナダでは、日本で言う神童のことをギフテッドと言います。


贈り物を意味するギフトからきている言葉で、神からの贈り物、というような意味です。

つまり天才児のことです。


そして、ギフテッド専門の学校があり、高度な教育を受けることができます。

YOMIURI ONLINEに関する疑問にお答えします。

日本では、平等に教育を受けさせることが美徳とされているため、もちろんこのような学校はありませんし、飛び級制度もありません。

もしも自分の子供が神童であり、ほかの子供たちと同じ教育を受けさせていては、せっかくの才能が埋もれてしまうと考えるなら、カナダ留学させるべきです。
両親の都合でたまたまカナダに住んでいた日本人が9歳でギフテッドと認定され、9歳にして高校2年に飛び級したことは有名な話です。こうした天才児は日本にたくさんいるでしょう。



たまたまカナダに住んでいなければ日本でほかの子と同じような教育しか受けられない、というのは不平等です。
神童でなくても、カナダ留学によって才能を開花させる子供はたくさんいます。

日本では、同じ教育を受けさせることが平等だと思っていますが、実はこれほど不平等なことはありません。

子供の発達スピードには個人差がありますので、本来なら子供の発達に合わせた教育が必要です。

9歳にして17歳の知能を持っているのであれば、17歳の教育を受けさせるべきで、ほかの9歳と同じ教育を受けさせることは逆に不平等と考えます。

お客様に相応しいカナダ留学の情報を掲載しています。

カナダ留学によって個性を伸ばし、自身の突出した才能に気付くことができれば、日本での生活もきっと違ったものになるでしょう。